So-net無料ブログ作成
映画時評 ブログトップ
前の10件 | -

ボサノバの神の実像を追う~映画「ジョアン・ジルベルトを探して」 [映画時評]

ボサノバの神の実像を追う~
映画「ジョアン・ジルベルトを探して」

 

 ジョアン・ジルベルト。今年7月に亡くなった。アントニオ・カルロス・ジョビンらとともにボサノバの始祖といわれる。特にジルベルトはボサノバの神ともされ、カリスマ的な色彩が強い。ギターとその声だけでボサノバの透明な音楽性を作り出したことが大きいのだが、それ以上に、滅多に人との関係を持たない彼のキャラクターに由来しているのかもしれない。

 事実、2008年のコンサート(出身地バイーヤで開かれた)を最後に、没するまでほぼ10年間、特定の少数を例外として人との交流を断った。ホテルにこもり作曲に専念していたという。

 そうした彼の実像に迫ったのがドイツ人ジャーナリスト、マーク・フィッシャーだった。執念は実らずジルベルトに会うことはできなかったが死後、未完の記録「オバララ ジョアン・ジルベルトを探して」が出版された。その本を手にしたフランス人監督ジョルジュ・ガショが遺志を継ぎ、ジルベルトを追ったのがこの映画である。

 全編「オバララ」や「想いあふれて」が流れ、ブラジルの美しい風景が展開する。ボサノバと映像の一体化だ。そしてジルベルトの透明な歌声。彼を知るミュージシャンやマネジャーに会い、ついにジルベルトが滞在するホテルを突き止める。会って、彼の肉声による「オバララ」を聞きたいと伝える。願いはかなうのか…。

 ジルベルトのボサノバが浴室の一角、便器の上で生まれたとか、マークが通訳との関係をシャーロック・ホームズとワトソンの関係に擬したとか、周辺のエピソードも面白い。

 2018年、スイス、ドイツ、フランス合作。

 

ジルベルト.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

画調は豪華絢爛だが~映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」 [映画時評]

画調は豪華絢爛だが~映画「人間失格

 太宰治と3人の女たち」

 

 鎌倉の海でのバーホステスとの入水自殺未遂(女性は死亡、睡眠薬自殺未遂との説もある)に始まる作家・太宰治の女性遍歴を追った。妻・美知子との結婚生活を顧みず、歌人・太田静子、夫の復員を待つ山崎富江との愛におぼれた日々を描く。太宰には小栗旬、美知子に宮沢りえ、冨江に二階堂ふみという配役。小栗の太宰はどう見ればいいのかよく分からないが、3人の女性はいずれも実力派と見た。特に二階堂の演技は熱が入っていた。ただ、全体を通してみればいくつかの違和感があった。大まかに言えば、これは太宰を描いた映画なのか、という疑問。そして、なぜ今、太宰なのかという疑問である。

 センセーショナルな小説を相次いで発表し、売れっ子作家となった太宰は、肺の病にも関わらず、編集者や文壇仲間を引き連れて毎夜飲み歩く。違和感の一は、その際の太宰の立ち居振る舞いだ。酒場で太宰は「乾杯」と力強く杯を上げる。「?」である。果たしてそんな人間だったのか。太宰は文壇でも編集者仲間の間でも、「哀しいピエロ」を演じたのではなかったか。そしてことあるごとに死にたいと漏らす。芥川賞が欲しいと佐藤春夫に懇願する。そう思うと、酒場のシーンは何か違っている。

 3人の女との関係は「芸術と生活」という補助線を引くと見えてくるものがある。美知子は「生活」の分業者だし、「斜陽」の原案を提供した静子は芸術の分業者である。太宰の原稿の聞き書き、清書をした秘書役の富江は生活・芸術の分業者であるようだ。しかし、映画ではそのあたりの描きわけがあいまいで、ただ、人気作家が3人の女を渡り歩いた、という筋立てにしか見えない。

 つまり、週刊誌的なゴシップをいくつかつなぎ合わせ、その隙間、隙間を蜷川実花お得意の花をあしらった絢爛演出で埋めた、としか見えないのである。

 太宰は昭和5年の入水自殺未遂(この時のことは自身最初の短編集「晩年」に書かれている)以来、美知子という伴侶を得たこともあって精神的に安定、「走れメロス」などの「健全」な作品をものにした。日本は戦争に向かい世情には「死」が充満したが、それとは全く逆方向をとったのである。しかし、戦争が終わって人々が「死」から解放された途端、太宰は再び「死」の観念に取り付かれる。傑作といわれる「斜陽」「桜桃」「人間失格」が書かれたのはこのころである。

 左翼運動に挫折し、荒廃した生活の中で心中未遂を起こし、軍靴の足音の中で友情をテーマに「走れメロス」を書き、そして戦後の解放的な気分の中で「人間失格」を書いた稀代の作家に、時代はどう見えていたのだろう。そして、ピエロの仮面をかぶり続けた太宰の素の顔とは。残念ながらそうした手がかりは皆無だった。三島由紀夫(高良健吾)が太宰に絡むシーンも挿入されているが、これもエピソード以上のものにはなっていない。画調の絢爛さとは裏腹に、なんとも消化不良の作品である。

 2019年、日本映画。

 


人間失格.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

理屈抜きで楽しめる~映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」 [映画時評]

理屈抜きで楽しめる~映画「ワンス・アポン

・ア・タイム・イン・ハリウッド」

 

 1969年といえば、アメリカが最後の輝きを放っていたころだ。そのころのハリウッドを舞台に栄光と失意の日々を描いた。

 テレビドラマの西部劇で売れかかったリック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)だが、今一つスター階段に届かない。マカロニウェスタン出演のオファーが来たりする。そのため時として情緒不安定になる。彼を陰で支えるのがベトナム帰りの専属スタント、クリフ・ブース(ブラッド・ピット)。二人は絶妙のコンビだった。リックの豪邸の隣にある日、派手なスポーツカーの二人が引っ越してきた。映画界の鬼才と呼ばれたロマン・ポランスキーと若手女優シャロン・テート(マーゴット・ロビー)だった。落ち目の俳優と日の出の勢いの監督が隣り合わせに住む。まさしく「ハリウッド」だった。

 目立ったストーリーはなく、古き良きハリウッドが描かれていく。そんな中でスティーブ・マックイーンやブルース・リーがコミカルなタッチで描かれる。リック・ダルトンは実在の人物をモデルにしているらしいが、よくは分からない。そしてストーリーはカルト集団マンソン・ファミリーとの確執に移っていく。シャロン・テートが実名で登場していることから、映画の出口は1969年8月に起きたあの事件へと向かうのだろう、と思ったら少し違った。

 これ以上書くと興ざめになるので書かないが、最後は隣家のシャロンがリックに「大丈夫だった?」と声をかけ「よかったらお酒でもどう?」と誘うのである。

 やっぱりクエンティン・タランティーノは、ストレートは投げてこないなあ。それにしても西部劇中の、日本でいえば伝法調のセリフ回しなんかとても魅力的だ。理屈抜きで楽しめる映画だ。

 

ワンスアポンナタイム.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

戦禍の犠牲者はいつも弱者~映画「存在のない子供たち」 [映画時評]

戦禍の犠牲者はいつも弱者~

映画「存在のない子供たち」

 

 真っ先に戦禍の犠牲になるのは弱者、それも子供たちである。終戦直後の東京では路上や地下道に家も家族も失った子供たちが溢れた。沖縄戦では、ガマ(洞窟)の入り口で震える子供たちがいた。中東も例外ではない。終わることのない戦禍の最大の犠牲者は子供たちなのだ。ドキュメンタリー風の映像でそのことを正面から描いたのが「存在のない子供たち」である。主役の少年は訴える。「育てられないのなら生まないでくれ。僕らは地獄を生きている」と。

 ベイルートで暮らす12歳のゼイン(ゼイン・アル=ラフィア)は、地主を刺し殺し、罪に問われた。法廷で彼が訴えたのは、自分をこの世に生んだ両親の罪だった。

 ゼインには出生証明書がなかった。親が届けを出さなかったからだ。そのためまともな職に就けず、路上でいかがわしいものを売って暮らす日々を送っていた。ある日、エチオピア難民の子連れ女性ラヒル(ヨルダノス・シフェラウ)と出会う。彼女が働きに出た後、子の世話をするという約束で同居生活が始まった。しかし、ある日彼女は姿を消した。偽造した滞在許可証が期限切れになり、警察に捕まったためだ。

 ゼインは乳児を連れて必死に生きようとするがままならず、偶然出会った少女の話をヒントに国外脱出を計画。ブローカーに持ちかけるが身分証明書か出生証明書が必要だと告げられる。ゼインは自宅に戻り、必要な書類を出すよう求めるが「そんなものはない」と一蹴される。それどころか、11歳で地主と結婚?させられた妹サハル(シドラ・イザーム)が妊娠させられ、出産前に死んでしまったことを知る。

 怒りに燃えたゼインが殺人を犯し、法廷で「自分を生んだ罪」を両親に問うに至るのである。この裁判の過程で身分証を持たないゼインの実態が判明、彼はようやく身分証の顔写真を作る作業に臨み、最高の笑顔を見せる。

 監督はナディーン・ラバキー。レバノン出身でベイルートのストリートチルドレンの実態を熟知しているとされる。主役のゼイン(本名、役名同じ)も、シリアで生まれ内戦のため一家でレバノンに脱出。作中とほぼ同じ境遇に育ったといわれる。レバノン、フランス合作。

 

 存在のない子供たち.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

冷戦下、崩せない「壁」があった~映画「COLD WAR あの歌、二つの心」 [映画時評]

冷戦下、崩せない「壁」があった~

映画「COLD WAR あの歌、二つの心」

 

 アンジェイ・ワイダ監督の名作「灰とダイヤモンド」は1945年、ドイツが降伏した直後2日間のポーランドを舞台とした。戦争が終わった解放感ではなく、虚無と絶望が入り混じったポーランドを描いた。ソ連の独裁者スターリンによって国の行方が力ずくで定められたからである。そしてこの国では1948年、統一労働者党というソ連の傀儡政権による一党独裁体制が成立した。「COLD WAR あの歌、二つの心」は、その翌年から1964年までの物語である。

 民族歌舞団の結成のため、団員選考を担当していたヴィクトル(トマシュ・コット)は少女ズーラ(ヨアンナ・クーリグ)と出会う。彼女は私生活で問題を抱えていたものの、美しい声は魅力的だった。最終的にズーラは団員に選ばれ、歌舞団は各地を巡演した。歌も踊りも次第に洗練され、党からも注目される。そして、最高指導者スターリンの讃歌も演目にいれるよう、注文がついた。

 こうした団の在り方に疑問を持つヴィクトルは亡命を計画、ズーラにも同行を求めるが、彼女は決断がつかず、待ち合わせ場所に現れなかった。1954年のパリ。ヴィクトルはクラブでジャズピアニストとして生計を立てていた。それから3年後、イタリア人と結婚して合法的にポーランドを出たズーラが現れる。しかし、彼女はヴィクトルとの結婚を決断できず、再びポーランドに戻る。ヴィクトルもまた、彼女の後を追った。

 1959年、祖国への裏切りによって懲役15年の刑に服するヴィクトルと面会したズーラは、拷問のためか、刑のためか、ヴィクトルの指が再びピアノを弾けないことを知る。彼の減刑を求め、ある村の荒れ果てた教会で二人だけの結婚式に臨み、祭壇には睡眠薬が並べられていた…。

 ストーリーを追えば、こんな感じである。端正なモノクロ映像で物語は淡々と進む。テーマ曲ともいえる「Dwa Serduszka(二つの心)」がさまざまなヴァージョンで歌われ、演奏される。あるときは民族的な楽曲として。あるときはジャズ風なアレンジで。いずれも、とても美しくスクリーンに流れる。タイトル「COLD WAR」がずしりと重みを増す。COLD WAR(冷戦)が二人の心を引き裂いた、と読めば分かりやすいが、そうではないだろう。亡命を繰り返し、故国を捨て、それでも心には崩せない「壁」=冷戦の影=があった。そんな作品である。

 別の見方をしてみよう。浮世の事情で別れようとして別れきれない二人が未練の末に心中する。なんとも日本的な心性の映画ではある。

 前作「イーダ」で評価を高めた監督パベウ・パブリコフスキはエンドロールで「両親に捧ぐ」と入れた。どこまでの事実が盛り込まれたかはよく知らないが、1957年ポーランド生まれの彼にとって、両親の生きざまは「時代の証言」として何らかの形で映像に残しておきたかったのであろう。

 2018年、ポーランド、イギリス、フランス合作。

 

cold war.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

曖昧な記憶、断片的な事実~映画「赤い雪」 [映画時評]

曖昧な記憶、断片的な事実~映画「赤い雪」

 

 いったんは迷宮入りした30年前の事件。真相解明に執念を燃やす一人のライターがいた。語られる記憶はいずれも断片的だ。そして、それぞれに秘密を隠しながら絶望的な日々を生きる関係者たち。

 雪の降る日、一人の少年が消えた。嫌疑をかけられた女性、江藤早奈江(夏川結衣)は黙秘を貫き、無罪となった。少年の兄、白川一希(永瀬正敏)は弟を追って雪道を走ったが、途中から記憶はすっぱりと抜け落ちていた。代わりに、赤い雪が記憶を覆っていた。

 早奈江には、もう一つ嫌疑をかけられた事件があった。保険金殺人が疑われた現場には、早奈江と娘の小百合(菜葉菜)がいた。二つの事件を「見ていた」のは小百合と思われた。

 漆職人である一希の日常が変わったのは、事件を追う木立省吾(井浦新)が現れてからだ。彼は小百合の居所を突き止めていた。彼女には宅間隆(佐藤浩市)という男がいた。元インテリ風だが飲んだくれる毎日を送っていた。小百合も、旅館の清掃をしながら客の財布から現金を盗むなど、荒んでいた。

 省吾と一希によって追いつめられた小百合はついに、あの日に見た光景を話し始める。そして一希の、赤い雪に阻まれていた記憶の最後のシーンがよみがえる…。

 入り組んだストーリーだが、説明はほとんどない。その代わり、映像が緻密に重ねられていく。記憶や事実はすべてを語っているわけではなく断片的だ。考えてみれば、私たちを取り巻く事実や記憶はいつも一面的であり、不完全である。それをそのまま映像化した、という印象だ。不完全なピースは、見るものが想像力によって埋めていかなければならない。木立がなぜ30年前の事件を追っていたかも、そうした形で明らかにされる。

 寡黙だが、印象に残る映画である。監督・脚本は新鋭の甲斐さやか。

 

赤い雪.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

前作と比べるのは酷だが、獄はリアル~映画「パピヨン」 [映画時評]

前作と比べるのは酷だが、獄はリアル~映画「パピヨン」

 

 安西冬衛の作で「春」という1行詩がある。

 

 てふてふが一匹韃靼海峡を渡って行った

 

 これだけだが、さまざまな想像を掻き立てる。戦前、父の勤務先であった大連で詩作活動に情熱を注いだが病を得て帰国かなわず、そうした境遇と望郷の念を込めた、とも言われた。間宮海峡をあえて大陸側の呼称である「韃靼海峡」としたことも、その裏付けとされる。そんな時代背景を抜きにしても、この詩には、ユーラシア大陸からはるばる樺太(サハリン)を目指す小さな蝶に託した、揺るがぬ自由を求める精神の発露があるとも受け取れる。

 

 映画「パピヨン」は、脱獄不可能とされた流刑地から脱出をもくろみ、ついに成功した男の物語である。後年、男が書いた自伝小説のタイトルがそのまま映画にかぶせられた。

 1973年に一度映画化。スティーブ・マックィーン、ダスティン・ホフマンのゴールデンコンビで、脱獄映画の金字塔といわれた。さて、そのリメイク版の出来やいかに、と興味津々で観た。

 胸の蝶の刺青から「パピヨン」と呼ばれた金庫破りのプロ、アンリ(チャーリー・ハナム、本名アンリ・シャリエール)は無実の殺人罪に問われ終身刑となり、仏領ギアナへと送られた。そこで、ひ弱な男ドガ(ラミ・マレック)と出会い、カネと引き換えにボデーガードを引き受ける。こうしてアンリとドガの脱獄計画がスタートする。1度目は失敗し2年の独房入り、2回目も失敗、5年の独房。そして「悪魔島」と呼ばれた難攻不落の獄へ送られた3度目は…。

 過酷な独房生活で身も心もボロボロになりながら不屈の精神で自由を求めた男の物語だが、その内面の演技を前作のマックィーン、ホフマンのコンビと比べるのは酷というもの。しかし、牢獄の作りとその生活ぶり、獄中で殺人を犯した男のギロチン処刑の場面などは、これでもかというほどリアル。マイケル・ノア―監督はこれまでドキュメンタリー映画で名を売ったらしく、その辺りは心得たもの、という感じだった。

 自由を求める不屈の魂、といった側面はやや食い足りないが、獄中生活のリアルさは本物だ。

 2017年、アメリカ・セルビア・モンテネグロ・マルタ合作。

 


パピヨン.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

現代に通じる「不安と恍惚」~映画「クリムト エゴン・シーレとウィーン黄金時代」 [映画時評]

現代に通じる「不安と恍惚」~

映画「クリムト エゴン・シーレとウィーン黄金時代」

 

 クリムトとその弟子エゴン・シーレは1918年、ともにスペイン風邪がもとで亡くなった。当時のスペイン風邪は強力で、全世界で少なくとも4000万人が亡くなったといわれる。彼らの死から100年を記念して作られたのがドキュメンタリー「クリムト エゴン・シーレとウィーン黄金時代」である。

 スペイン風邪がこれほど猛威を振るったのは、第一次大戦のためともいわれる。大戦が終わった1918年、時代の歯車は大きく回った。神聖ローマ帝国からオーストリア・ハンガリー帝国へと形を変えて続いたハプスブルグ帝国が終焉を迎えた。一方で、第一次大戦という人類初の世界規模の大戦を契機に、戦争の世紀が幕を開けた。

 こうした時代を生きたクリムトとエゴン・シーレは、時代の終わりを生きたのか。時代の始まりを生きたのか。

 二人とも、とても気になる画風の持ち主である。黄金に彩られた女性像は至福とは程遠い不安な表情をたたえる。裸婦像は何かにおびえ、生の歓喜とは対極にいる。それらを評して「エロスとタナトス(死)の芸術」と呼ぶ。こうした絵画群の本質と当時のウィーンの表情を、ユダヤ人としての迫害体験を持つエリック・カンデル(脳神経学者、ノーベル賞受賞者)らの証言で明らかにしていく。フロイトやマーラー、シェーンベルクも語られる中、19世紀末から20世紀初頭の女性像には、近代の女性のアイデンティティーが封じ込められている、というコメントが印象的だ。

 国家総動員体制を競う時代(=戦争の世紀)へと突入した世界は100年を経てグラウンドを一周、20世紀初頭と同じ地点に立っているのではないか。クリムトとエゴン・シーレの作品を見ると、そんな思いが立ち上ってくる。そうだとすれば、二人の天才が表現した「不安と恍惚」はそのまま「今」の時代のそれに通じているように思える。

 2018年、イタリア。

 

クリムト.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

いやらしくも重い共同体の存在感~映画「誰もがそれを知っている」 [映画時評]

いやらしくも重い共同体の存在感~
映画「誰もがそれを知っている」

 

 スペインの小さな村。結婚式のため移住先のアルゼンチンから帰ってきた一家に事件が起きる。

 と書けばサスペンスのようだが、映画全編の通奏低音は心理ドラマである。危機に陥ったとき、人はどう反応するか、そんな人間の根源を見つめた作品である。それもそのはず、監督は「別離」や「セールスマン」で繊細な心理描写を見せたアスガー・ファルハディ(イラン)である。

 ラウラ(ペネロペ・クルス)は妹の結婚式のため娘イレーネ(カルラ・カンプラ)と息子ディエゴを連れ、はるばる帰ってきた。祝賀ムードの中で事件は起きた。イレーネが誘拐されたのだ。ほどなく身代金30万ユーロを払えとメールが届いた。ラウラの夫アレハンドロ(リカルド・ダリン)も駆けつけるが、彼はアルゼンチンで成功したとの風評をよそに、失業の身だった。身代金など払えるはずがなかった。

 誘拐犯はなぜ、扱いやすいはずの幼いディエゴよりイレーネを狙ったのか。身代金を取る見通しはあったのか。謎は深まった。

 ラウラにはかつて恋人パコ(ハビエル・バルデム)がいた。彼はアレハンドロとラウラから土地を譲り受けブドウ園に改良、ワインの醸造で成功していた。彼ならブドウ園を売りさえすれば身代金を払うことができた。そして実は、彼こそがイレーネの父親だった―。

 誘拐は、イレーネの父親が誰かを知っている人間が企てたのだった。いったい、それは誰なのか。

 ラウラがイレーネを生むと決めた時、アレハンドロは永久に二人だけの秘密にしておこうと考えた。しかし、誰かが知っていた。それは誰か。アレハンドロはそれとなく周囲に聞いてみた。答えは、愕然とするものだった。イレーネの父親が誰か、村のみんなが知っている―。

 本音と建前が入り組み、隠しておきたい秘密が白日にさらされる。共同体のいやらしくも重い部分が、この映画では描かれる。そして、最後に犯人は明らかになる。

 最後まで見ていくとこの映画は実は、心理の奇妙な逆転劇の上でストーリーが組み立てられていることが分かる。ラウラはパコを捨てアレハンドロと新天地に向かった。それをラウラの残った家族たちはどう見ていたか。そして村人は。イレーネの出生の秘密を共有していた村人の心にひそむ、ラウラとアレハンドロを貶めたいと思う気持ちが事件を引き起こしたと、ファルハディ監督は言いたかったに違いない。冒頭、ラウラとイレーネを迎えた村人たちの奇妙にわだかまった表情がそれを物語っているように思える。

 2018年、スペイン、フランス、イタリア合作。


誰もが.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

現実と非現実の不可解な境目~映画「新聞記者」 [映画時評]

現実と非現実の不可解な境目~映画「新聞記者」

 

 米紙NYタイムズが日本の官房長官会見を取り上げ、「日本政府はときに独裁政権をほうふつとさせる」と批判した。東京新聞の望月望月衣塑子記者への対応ぶりを指している。その望月記者が書いた「新聞記者」を原案として映画が作られた。

 といっても、映画は望月記者を思わせる「東都新聞」女性記者の行動を軸に、前川喜平・元文科事務次官をめぐる「出会い系バー」報道、政権寄りジャーナリストによる「レイプ」事件、加計学園疑惑などをベースにしてフィクションを織り込み、著書はあくまで「原案」のレベルだ。

 東都新聞にある日、医療系大学新設計画に関する資料がファクスで送られてきた。送信先不明のこの文書が何か、社会部の吉岡エリカ(シム・ウンギョン)は取材を指示される。その結果、内閣府のある計画に突き当たった。

 外務省から出向し、内閣情報調査室で仕事をしている杉原拓海(松坂桃李)は日々の仕事に疑問を感じていた。彼のかつての上司・神崎俊尚(高橋和也)が実はこの大学新設計画に関わっており、闇を抱えたまま自殺した。官僚としての良心を捨てきれない杉原と吉岡記者の真相究明が始まる―。

 実際の加計学園疑惑は、首相の「お友達」の経営する大学の学部新設が国家戦略特区の指定を受け、その過程に権力が介在した、との疑惑が生まれたが、映画ではもっと突飛な計画が浮上する。ネタバレを承知でいえば裏の目的は生物化学兵器研究、ということだが、ばれれば国際的に非難され、政権は吹っ飛ぶに決まっているそんな計画を内閣府が進めるだろうか。しかも、それが大学新設計画に明文化されていたなどとは、現実的なストーリーとはとても思えない。

 もう一つ不可解なのは、吉岡記者が見ているテレビ画面に、ある討論会に出ている望月記者が映っていることだ。テレビ画面の向こう側とこちら側に二人の「望月記者」がいる。フィクションと現実の境目を映しているとすれば、興ざめというほかない。

 それは、生物化学兵器研究というありえない筋立てを見せることで作品のフィクション性を際立たせることと、どこかでつながる。つまり、これはフィクションですよとする「言い訳」を前提にしなければ「反権力」をテーマにした展開と筋立てが困難だったという作り手の事情を浮き彫りにしているように思える。

 最近では「記者たち 衝撃と畏怖の真実」や「バイス」「バグダッドスキャンダル」「フロントランナー」(以上、米国)や「1987、ある闘いの真実」「タクシー運転手 約束は海を越えて」(以上、韓国)に比べ遅れをとっていた感のある日本製ポリティカルドラマに久々に出てきた熱い作品(「シンゴジラ」以来だ)だと思うが、いくつかの前掲作品に比べ、ややそのあたりの弱さ(フィクションとノンフィクションの中途半端で不可解な境目)が気になる。2019年、日本。

 


新聞記者.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 映画時評 ブログトップ